特集!美白化粧品のトライアル使い比べランキング ランキングを見る

人気の美白化粧品おすすめランキングTOP » 美白化粧品の成分リスト » ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEを含む食品を摂取することにより、活性酸素を除去する働きはよく知られています。ビタミンCが肌にいいのはもちろんですが、ビタミンCよりも効果が高いとして、最近注目されているのがビタミンEです。注目のビタミンEについて紹介します。

美容効果の高いビタミンE

ビタミンEは「若返りビタミン」といわれています。ビタミンEには、肌の老化、シミやしわの原因となる活性酵素を除去する働きがあり、さらに血行をよくすることから、皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進します。
ビタミンEには抗酸化作用があり、皮膚の皮脂酸化を予防し、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きがあります。

ビタミンEの効果

■活性酵素除去効果

■過酸化脂質の発生予防

■血液循環の促進

■肌荒れ防止効果

■老化防止効果

■くすみを防ぐ効果

発毛促進剤に利用されたり、医薬品として内服、外用にも使用されます。ビタミンEは、肌にだけでなく、油を使った食品にも抗酸化剤として配合されています。

ビタミンEの種類は2種類あります。

  • ビタミンE(トコフェロール)・・・通常型のビタミンE
  • ビタミンE(トコトリエロール)・・・活性型ビタミンE

一般的にビタミンEといわれているのは、トコフェロールのことです。水にはほとんど溶けず、アルコールやオイルに溶ける性質があります。このほかに酢酸トコフェロールがありますが、この酢酸トコフェロールは合成ビタミンEで、a-トコフェロールを酢酸エステル化したものです。化粧品に多く利用されています。

活性型ビタミンEの効果は?

活性型ビタミンEには抗酸化作用のほかに、神経の保護機能や抗炎症作用があります。活性型ビタミンEはパーム油、ココナッツ油、米ぬか油、大麦脂などに含まれますが、含有量が低く希少な成分です。活性型ビタミンEは肌荒れに効果抜群ですが、水にも脂にも溶けにくい「難溶性」であるため、効果がわかっていても、なかなか化粧品に応用されていませんでした。
富士フィルムが、「クリアナノビタミンE」を開発し、活性型ビタミンEの最小化に成功しました。
これにより、ビタミンEの肌への浸透性を8倍にまで高めることを可能にしています。研究結果によると、活性型ビタミンEの抗炎症作用は、脂溶性ビタミンCと比べて約70倍。通常型のビタミンEと比べても、約1.6倍あることが確認されました。

ビタミンEの美白効果

ビタミンEはハイドロキノンのように漂白するような効果はありませんが、活性酸素の除去や抗酸化作用、血行促進により皮膚の新陳代謝が高められ、シミやしみの少ない肌になり、結果的に美白効果が実感できます。

この記事の関連のページ