特集!美白化粧品のトライアル使い比べランキング ランキングを見る

人気の美白化粧品おすすめランキングTOP » 美白化粧品の成分リスト » ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビタミンCの効果を活かすために、ビタミンC誘導体が開発されました。ビタミンC誘導体について紹介します。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制する働きがあります。そのため、シミやそばかすに効果を発揮します。さらにビタミンCは、コラーゲンの生成を高めるため、しわやたるみに効果があるといわれています。ただ、ビタミンCの性質として、酸化しやすい・熱に弱い・水に溶けやすい・体にためておくことができないなどの弱点があります。

そこで、ビタミンCの効果を最大限に活かすために開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体はビタミンCのアスコルビン酸に別の物質を結合させて、安定性や吸収性を高めたものです。

ビタミンC誘導体にはいくつかの種類があり、水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の両方の特徴を持つものがあります。

  • リン酸アスコルビンマグネシウム(VC-PMG,APM)
  • リン酸アスコルビルナトリウム(VC-PNA,APS)
  • リン酸アスコルビルアミノプロビル
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビン酸グルコシド脂肪酸
  • バルミチン酸アスコルビル(エステルC)
  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル(テトライソバルチ酸アスコビル/VC-IP)
  • アスコルビン酸-2リン酸-6バルミチン酸(APPS)

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は皮膚に吸収されたあと、徐々にビタミンCとなります。ビタミンC誘導体の特徴として、ビタミンCよりも浸透がよく、持続性が長持ちします。水溶性ビタミンC誘導体は油溶性ビタミンC誘導体に比べて、即効性があります。主にローションなどで使用されているビタミンC誘導体はリン酸アスコルビンマグネシウム(VC-PMG,APM)、リン酸アスコルビルナトリウム(VC-PNA,APS)があります。
油溶性ビタミンC誘導体は水溶性より浸透性がよく、持続性も水溶性の3倍あります。水溶性ビタミンC誘導体が乾燥しやすいのに比べて、油溶性ビタミンC誘導体は乾燥肌や敏感肌の人でも使用できます。クリームやジェルに配合されていて、主なものにテトラヘキシルデカン酸アスコビル(テトライソバルチ酸アスコビル/VC-IP)があります。
水溶性と油溶性の両方の特徴を持つビタミンC誘導体は、浸透性も即効性もかなり高いのですが、臨床例データがないため、厚生労働省に認可されていません。

ビタミンC誘導体を配合している美白化粧品は?

実際にビタミンC誘導体を配合している美白化粧品を紹介します。

  • アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ
  • アルビオン エクサージュホワイト
  • ファンケル 無添加ホワイトニングライン
  • オルビス ホワイトニングシリーズ

1回で美白にはなりませんが、使い続けることでシミが薄くなっていきます。

この記事の関連のページ