特集!美白化粧品のトライアル使い比べランキング ランキングを見る

人気の美白化粧品おすすめランキングTOP » 美白化粧品の成分リスト » マグノリグナン

マグノリグナン

「マグノリグナン」はカネボウ化粧品が開発した美白成分です。美白化粧品に含まれる、マグノリグナンの美白効果について紹介します。

美白成分「マグノリグナン」について

カネボウ化粧品が13年の歳月をかけて開発した美白成分の「マグノリグナン」。これはモクレン科の植物、ホウノキの木の皮で、漢方にも多く使用されているコウボク(厚朴)に多く含まれるポリフェノールの一種「フェノール性二量体」という成分です。
新しい美白有効成分「マグノリグナン」はチロシナーゼたんぱく質の成熟阻害という、従来にない新しい美白作用のメカニズムと高い美白効果により、新規医薬部外品の有効成分として、平成17年に厚生労働省から認可されました。
カネボウ化粧品が考える美白アプローチ(トータルホワイトニングソリューション:TWS)は次の3点です。

1:メラニン生成反応を促進する酵素「チロシナーゼ」を直接阻害する
2:メラノサイト刺激物質(情報伝達物質)を阻害し、メラノサイトの活性化を遮断することにより、メラニンの生成を抑制する
3:メラニンの排泄を促進する作用

美白化粧品の配合成分「マグノリグナン」の美白効果とは?

美白化粧品に配合されている、美白成分「マグノリグナン」には、非常に高いメラニン生成抑制効果は確認されていましたが、前述の1.と2.の効果が期待できませんでした。実験を重ねた結果、「マグノリグナン」はチロシナーゼの成熟の阻害よりも、メラノソーム内に移行するのを抑えて、チロシナーゼ量を減少させる作用があることがわかりました。
チロシナーゼの数を減少させることで、メラニンの発生をふせいでいるので、肝斑、そばかす、にきび跡の黒ずみなど、シミ全般に効果が期待できます。
「マグノリグナン」は現在あるシミを消しさるというよりも、シミのもととなるメラニンの発生を防ぐため、シミ予防に大きな効果が期待できます。
「マグノリグナン」の副作用に関してですが、天然由来成分なので、ほとんど副作用はみられません。

「マグノリグナン」配合の美白化粧品について

「マグノリグナン」配合の美白化粧品を紹介します。

  • カネボウ化粧品 ブランシール スぺリア ホワイトニングWコンクルージョンa
  • カネボウ化粧品 インプレスIC ホワイトリターナジーa

効果的な使用方法は、「マグノリグナン」配合の化粧品は、シミ全般に効果があるものの、いまある濃いシミを薄くする、消しさるにはあまり効果的ではありませんので、他の美白成分の化粧品とあわせて使用するといいかもしれません。

この記事の関連のページ