特集!美白化粧品のトライアル使い比べランキング ランキングを見る

人気の美白化粧品おすすめランキングTOP » 美白化粧品の成分リスト » リコピン

リコピン

「リコピン」の効能はいろいろと紹介されていますが、肌への美白効果はどうでしょうか?美白化粧品に配合されている「リコピン」の効果について紹介します。

美白成分「リコピン」とは?

「リコピン」は非常に高い抗酸化作用をもっています。「リコピン」には「ビタミンE」の約100倍といわれる活性酸素の除去能力があるといわれています。活性酸素は、通常の酸素と比べて、ものを酸化する力が強い酸素です。活性酸素消去機能が円滑に動いていれば、活性酸素自体に問題はありません。しかし、ストレスや嗜好品の摂取、環境上の問題(排気ガス、放射線)など、現代的な生活要因で活性酸素が増加する傾向にあります。体内の消去機能だけでは除去することができない過剰な活性酸素は、酸化作用によって、脂質やたんぱく質を変性させ、遺伝子を傷つけたりします。がんや心臓病など生活習慣病の原因となることが知られています。
「リコピン」の抗酸化作用により、動脈硬化や生活習慣病の予防、美白効果、老化予防に効果があります。
シミやくすみの原因となるメラニンは、紫外線により活性酸素が発生し、メラノサイトを活性化させ生成されます。「リコピン」にはこの活性酸素を除去する働きがあるため、メラニンの生成を抑制する効果があります。紫外線を浴びた肌は、酸化を起こし、過酸化脂質が生成されます。「リコピン」には過酸化脂質の発生を抑制する作用があります。「リコピン」の抗酸化作用によって、細胞が酸化したり、皮膚の炎症を未然に抑えることが可能です。
「リコピン」というとトマトが有名ですが、ニンジンや柿、スイカ、パパイヤなど赤色やオレンジ色の果物や野菜は「リコピン」を含んでいます。「リコピン」が含まれる食品は脂溶性のため、油分を多く含む食品と一緒に食べたり、調理に油を使用することで、体内に吸収されやすくなります。

美白化粧品の配合成分「リコピン」の美白・美肌効果について

カゴメ研究開発本部などによる「リコピン」の美白・美肌の研究によると「リコピン」の肌への美白効果は次の点です。

■しみ(美白)・・・メラニン生成抑制

「リコピン」によりメラニンが減少、さらに「ビタミンE」との組み合わせで効果が高まる。

■しわ・・・コラーゲン産生促進

紫外線によるコラーゲンの減少を抑える

■日焼け・・・日焼け予防/肥厚抑制

「リコピン」によって、紫外線による赤みが軽減され、表皮の肥厚(ごわつき)も抑制

■肌状態・・・角質層状態の改善/眼科のしわの改善

リコピン配合の美白化粧品もあります。リコピン配合の化粧品でシミを予防して、プルプル肌を手に入れましょう。

この記事の関連のページ