特集!美白化粧品のトライアル使い比べランキング ランキングを見る

人気の美白化粧品おすすめランキングTOP » 美白化粧品の成分リスト » カモミラET

カモミラET

美白化粧品に含まれている美白成分では、ハイドロキノンやアルブチンが有名ですが、カミツレETの美白効果もなかなかのものです。カミツレETについて概要と効果を紹介しています。

美白成分「カモミラET」とは

カモミラETは厚生労働省承認の美白成分のひとつです。カモミラETとは花王が独自に開発した美白成分です。カモミラETは花王が開発した美白有効成分なので、「カモミラET」と名前を付けています。カモミラETは花王が開発した美白成分ですが、キク科の植物カミツレ(英語名でカモミール)というハーブから抽出されています。カミツレから抽出されたエキスをカミツレエキス、カモミラエキス、カモミールエキスなどの名称で表記されています。

美白化粧品に含まれる成分「カモミラET」の美白効果は?

美白化粧品の配合成分「カモミラET」には、美白効果と抗炎症作用があります。

カモミラETの美白効果

カモミラETはどのように作用して美白効果があるのでしょうか。
シミの原因は、紫外線や外的刺激などにより、情報伝達物質「エンドセリン」がメラノサイトの活動を活発化し、メラノサイトにある酸化酵素「チロシナーゼ」がチロシンを変化させ、メラニンを黒色化します。カモミラETはエンドセリンの活動を阻止します。メラニン色素がつくられる最初の段階で、メラニンの生成を抑制することにより、シミの予防効果があります。
カモミラETは皮膚表面のシミにも効力を発揮します。肌の新陳代謝をアップして、血行を良くし、ターンオーバーを促し、表面のシミがはがれ落ちやすくなり、シミが薄くなっていきます。

カモミラETの抗炎症作用

カモミラETの抗炎症作用により、皮膚の炎症をおさえ、メラニンの生成を抑制します。
美白成分には使い方によっては、副作用があるものもありますが、カミツレETは植物由来なので、ほとんど副作用がない安全な成分といっていいでしょう。ただし、カモミール配合の化粧品の中には、カモミール特有の香りがするものもありあります。カモミールの香りが苦手な人には、つけるたびにリラックスするどころか、嫌な気分になってしまいますので、購入前に香りをたしかめるといいでしょう。

カモミラETを配合している化粧品は

カモミラETは花王が開発をしたので、花王のホワイトニング化粧品にはカモミラETが配合されています。花王以外のメーカの化粧品ではカミツレエキス配合などの化粧品をさがすといいでしょう。

この記事の関連のページ